発達障害での障害年金請求代理の依頼を一時中止いたします

ホームページでもご案内させていただきましたが、当事務所では発達障害の方からの障害年金請求代理の依頼が多く、対応できない状態です。

この前再開させていただいたばかりですが、発達障害の依頼はしばらくの間お受けできません。

また依頼を受けられる状態になりましたら、改めてご案内させていただきます。

申し訳ございませんが、ご理解いただけると幸いです。

医師が障害年金の診断書作成を拒否した場合

障害年金の請求をしようと思い、いざ障害年金の診断書作成を主治医に依頼したら、

「診断書は書かない」、「今は書かないけれど、症状が安定したら書く」等と言われて診断書を書いてくれないということは度々あります。

当事務所にご相談いただく段階でも、「自分で主治医に診断書をお願いしてみたら、絶対に書かないと言われた」「書いても障害年金はもらえないから書かないと言われた」という相談は意外と多いです。

その場合でも私はあまり動じないので、受任して障害年金の請求準備を進めていくと、すんなり主治医が診断書を書いてくれるということがほとんどです。

しかし、どうしても主治医が診断書を書いてくれない場合はどうしたらよいのでしょうか。

医師法19条2項に、「診察若しくは検案をし、又は出産に立ち会った医師は、診断書若しくは検案書又は出生証明書若しくは死産証明の交付の求があった場合には、正当の事由がなければ、これを拒んではならない」とあります。

このように、正当な理由がなければ医師は診断書の作成を拒否することはできないのです。

正当な理由としてあげられるのは、以下のような場合です。

①患者さんに病名を知らせることが好ましくない時

②診断書が恐喝や詐欺など不正使用される恐れがある時

③雇用者や家族など第三者が請求してきた時

④医学判断が不可能な時

 

上記の理由からすると、障害年金の請求をするために診断書を依頼する場合、そもそもご本人が病名を認識して、病識を持っているからこそ診断書を依頼しているので、①は排除できます。

そして、提出するのは日本年金機構ですので、恐喝や詐欺に使用するのでもありませんから②も排除できます。

また、障害年金は本人が請求するものであり、当然に本人から医師に診断書を依頼するので③も排除できます。

ちなみに、ご家族や社会保険労務士が本人の代わりに診断書を依頼するにしても、必ず本人から委任状をもらって行います。

そうすると、特に障害年金の請求で医師に診断書の作成依頼をした場合、正当な理由に当たることは極めて稀ですから、診断書を書かないということは認められません。

私が業務をしていて、診断書を依頼した医師から

「この人の障害は軽いから、障害年金がもらえないので診断書は書かない」と言われたことが何度かあります。

しかし、障害年金が受給できる障害の程度であるかどうかを医師が判断するわけではなく、それを判断し審査するのは厚生労働大臣(実務は日本年金機構)です。

だから、「障害の程度が軽い」との理由も、診断書の作成を拒否する正当な理由にはなりません。

とは言っても、主治医に診断書は書かないと言われて、すぐに「医師法19条2項違反なので、診断書は拒否できませんよ!」なんて言ったら、医師側も気分を害するだけですし、仮に無理矢理診断書を書いてもらっても、障害年金の請求で提出できるような診断書がしっかりと出来上がる可能性は低いでしょう。

私の場合は、医師に診断書の作成を断られた時には、まずは医師がどうして診断書を書きたくないのかを、なるべく角が立たないように教えていただいています。

何か理由があることがほとんどですし、誤解があればそれを解く努力をするとか、なんとか歩み寄って、結果的にはしっかりと患者さんの障害状態を反映した診断書を書いてくださる場合が大半です。

話し合いをしたり、こちら側が譲歩したりしても、全く聞く耳を持っていない場合には、最後の手段として医師法違反を指摘することもやむを得ないのかなと思います。

診断書を書いてくれないということは、障害年金をもらう権利を侵害されることでもあり、本来もらえる年金ももらえないという損害を被る可能性があります。

福祉大学のある教授が、

「お薬は精神安定剤であり、障害年金は生活安定剤である」

とおっしゃっていたのを聞いたことがあり、本当にその通りだなと私も実感しています。

患者さんの病状や障害が少しでも緩和されたり、経済的不安を解消して治療や療養に専念できるように考えてくれるのが、より良い医師だと思っています。

ご自分で障害年金の請求をされる方は、「医師が診断書を書いてくれない」という場面に遭遇するかもしれませんが、そんな時はすぐに諦めることなく、どうしたらよいかを考えてみてください。

障害年金の書類を全て令和対応にしました

今すでに受任していて、障害年金の提出書類をほとんど作り終えているお客様方の書類を、コツコツ地味に「平成」から「令和」へ変更していました。

行政関係の書類は基本的に和暦で記載しますし、ほとんど全ての書類には必ず何かしらの年月日が記載されているので、病歴・就労状況等申立書から請求事由確認書から全部を修正しました。

日本年金機構のホームページを見たら、年金事務所用の委任状等も全て令和対応になっていたので、委任状も契約書も全て令和のものに取り換えました。

やり始めると結構な量になり、改めて元号が変わるということの重みを感じています。

昭和から平成に変わった時、私は学生だったので、特に何か変わったな~という実感はまるでありませんでした。

仕事をしていると、至るところに「令和元年」と何度も書くので、まだ1週間しか経っていないのに、もう令和に馴染んでしまった私です。

ご自分で障害年金の請求準備をされていて、提出直前という方は、「提出日」や「病歴・就労状況等申立書の直近欄の日付」等を見直して、元号を変えるのを忘れないようにしてくださいね。

以下、当事務所からのお願いです。*******

5月に入り、面談や外出が多いため、電話に出られないことが多々あります。

着信を残していただければなるべく折り返しのお電話をいたしますが、お急ぎの方は問い合わせフォームからご連絡をいただけると助かります。

一般就労している発達障害の方からのご相談

当事務所はGWでお休みをいただいておりますが、連休前から発達障害の方からのご相談が何件も続いております。

それも、ほとんどの方が「一般就労もしくは障害者雇用枠での就労」ができている方なのです。

ここまで発達障害のご相談が多いのは、いったいなぜなのでしょう。。と私としてもちょっと疑問です。

私の事務所では、他の病気に比べて発達障害ばかりが多いとか、発達障害だけが良い結果を出しているというわけではないのですが、発達障害の方で就労ができていると、他の事務所では「それじゃ無理!」と断られる確率が高いからなのだと思います。

特に初診日が国民年金や20歳前傷病の障害基礎年金を発達障害で請求しようとしている方は、2級にならないと受給ができませんから、他の社労士は嫌がることが多いのでしょう。

同じ精神の障害として請求をする「うつ病」や「統合失調症」の方が就労できていることと、「発達障害」の方が就労できていることとは、障害年金の請求をする上では大きく違うと私は考えています。

一言で発達障害と言っても、一人一人お話を伺うと、できることできないことや日常生活で困っていることが全く異なることが多いです。

そして、発達障害の方は職場での配慮が適切で、自分の得意なことや楽しく感じることを仕事にできれば、何年も同じ職場でしっかりと働くことができる場合が多いです。

しかし、職場での配慮の歯車がかみ合わなくなったり、人間関係がうまくいかなくなると、途端に就労ができなくなります。

また、周りの配慮があって就労ができていても、日常生活は必ず誰かの助けがなければ成り立たない、非常に危うい状態で過ごしていたりします。

だから、発達障害の方の障害年金請求の場合には、「就労=障害の程度が軽い」と決めつけるのではなく、日常生活の細かいところまで考える必要があるのです。

障害年金の請求を多く扱えば扱うほど、「こうだったら〇級」「こうだったらもらえない」というように定型化しがちです。

そして、社労士としては定型化し、そこに当てはまらなければ受任せず、流れ作業のように受任できる案件を多く扱うほうが効率は良いです。

ただ、それをしたら社労士が報酬をいただいて障害年金の請求代理をする意味は全くないと私は思っています。

むしろ、多くの案件を扱えば扱うほど、既成概念や成功体験はいったん頭から外してリセットし、まっさらな状態で新たにお客様の依頼を受けるということが大事なのではないかと思います。

「このやり方で前はうまくいったのにな~」なんて言い訳をする社労士にはなりたくないのです。

というわけで、平成も明日で終わりですが、カメリア社会保険労務士事務所も新たな気持ちで新時代を迎えたいです。

最近読んで面白かった本

今月の更新サポートがある程度終わり、おそらく全ての方が今の等級を維持できるような見通しが出来たのでホッとしているところです。

(絶対!とは言えませんが、、。)

HPも大掛かりにリニューアルしていただくことになり、少しずつ進み、私の中では今の時期が一区切りというか、転換期だなと実感しているところです。

開業から今までは、自分では順調すぎるほど順調だと思っているのですが、それは決して楽々ここまで来たわけではなく、私の場合はつらかったことや苦労したことは頭から抜けてしまうので、順調に歩んできたと感じるわけです。

HPのリニューアルの準備にあたり、開業から今までを振り返る機会が多く、私の事務所の強みや胸を張って言えることを考えていました。

強みというのは、関わった多くのお客様が言ってくださる「安心感」だと思います。

私の事務所での面談や電話は、とにかく長い!です。

あえて長くしていませんし、なるべく短く短くと常に意識はしています。

よく、他の事務所に依頼をした方から「社労士と話が持たない」「社労士が無言になってしまう」「くだけて話すことができない」と聞くのですが、私の場合には今までに一度もそんなことはなかったな~と感じています。

むしろ、皆さまが病気や障害を抱えているのに、話していたら楽しくてあっという間に時間が経っていた、、ということがほとんどです。

障害年金の請求において、依頼人と社労士との信頼関係やお互いの話しやすさは一番大切であり、その意味においては私の事務所はダントツだと胸を張れます。(手前味噌ですが。)

あと、今まで関わったお客様の案件で、少しでも手を抜いたり、後悔したことは一度もありません。

「もっと努力しておけばよかった」と後悔するくらいなら、「ここまで努力する必要なかったかも」と思うくらいがちょうど良いと思うのです。

だから、今後も良い部分は残しつつ、さらなるパワーアップして、ここにもうちょっと社労士らしい威厳なんかがプラスされたらいいな~なんて思ったりしています。

(いらないか、威厳なんて。偉くないしね。)

と、どうでもいいことを書きましたが、タイトルにもある最近読んで面白かった本について。

私は活字フェチなので、どんなジャンルの本でも構わず毎月本ばかり読んでいますが、最近は図書館で以下の本を借りて読みました。

税理士さんが書かれた本なのですが、タイトルに惹かれて読んでみたら面白くて、一気に読み終えてしまいました。

生き方が素晴らしく賢くて、行き当たりばったりで生きてきてしまった私は反省しきりでした。

若い時に自分を客観的に分析するって、一番難しいことのような気がしませんか?

歳を重ねてくると、自分は大したことのない人間なんだと客観的に見たり、自分の立ち位置や進むべき道を諦めとともに考えることができるようになるけれど、

この田村麻美さんは10代の頃から自分のマーケティング戦略を立て、トライ&エラーを繰り返し、PDCAサイクルに則って今の勝ち組人生を満喫されていらっしゃるのです。

頭が良いってこういう人のことを言うのだな~って、なんだか私はフライパンで頭を殴られた気持ちになりました。

読む人によって感じ方が違うのかもしれませんが、何かしらコンプレックスを抱えている人なら誰でも得るものがある本だと思います。

(しかし、下ネタが多いので要注意です。)

連隊の娘を観に行きました

またちょっとオペラの話。

ほぼ毎回行っているMETライブビューイングですが、今回も楽しみにしていたドニゼッティの連隊の娘を鑑賞してきました。

このオペラはコメディで、心温まるハッピーエンドなので、最初から最後まで楽しい気分で観ることができる、スカッとするオペラです。

今回はアドリブも結構あり、オペラなのに途中で笑ってしまう場が何度もありました。

そして、なぜか泣けてしまう、もう泣いたり笑ったり忙しい私でした。。

このオペラの目玉は、なんといってもテノールの有名なアリアです。

ハイC(高温のド)が9回もあり、トニオ役のハヴィエル・カマレナさんの突き抜ける的に矢を射るような高音がとにかくとにかく素晴らしくって、明るくて、楽しくて、華やかで、言葉では形容し難い歌唱でした。

ずっと何度も聴いていたくなる歌唱です。

そして、オペラでは珍しい途中でのアリアのアンコールもあり、このAh! mes amis, quel jour de fête!を2回も歌ってくれたのです!

ヒロインのプレティ・イェンデさんは、他の演目でもいつも美しい歌声ですが、この役柄は特にぴったりのようで、かわいくて、お転婆で、根っから明るくて、素晴らしかったです。

時間があればもう一度行ってこようと思います!

今月は更新サポートのご依頼が多いです

何年も障害年金の業務をしていると、ついこの前障害年金の請求代理をして受給できたな~と思っていたお客様の更新(障害状態確認届)があっという間に来てしまうことに驚きます。

とは言っても、1年更新の方は少ないので、2~3年があっという間に感じるのです。

特に今月は更新で今の等級を維持できるかが不安という方が多いようで、更新サポートのご依頼が殺到しています。

最初の障害年金請求の時に、更新時もサポートさせていただく約束をしたお客様の書類等はすぐに出せるように準備を整えているので、久しぶりのお電話であってもスムーズにお話ができ、今回の更新時に気を付けるべきことを考えることができるのです。

基本的には更新サポートは、カメリアで最初の障害年金請求を代理させていただいた方のみ依頼を受けており、他の事務所に依頼した方やご自身で請求をした方はお受けしておりません。

しかし、「どうしても更新サポートはカメリアでお願いしたい」とおっしゃる方に関しては、例外的にお受けしております。

(だって、1年以上も前から何度もお願いされていれば、断るわけにはいきませんよね。。)

では、更新サポートって何をしているのでしょう。

まず、前回提出した診断書と全く同じ程度のものを出せばいいというような単純なものではありません。

「更新」というのは正式な言い方ではなく通称であり、正確には再認定です。

再認定という名のとおり、「再度、認定する」ことなんですよね。

ということは、初回の障害年金請求と同じように、障害認定基準に照らし合わせて、今の障害の程度が障害認定基準の等級に該当しているかどうかをしっかりと見て認定されるのです。

例えば精神の診断書の裏面の日常生活能力の判定や程度のチェックだけを見るのではなく、他の欄の記載内容も就労状況も日常生活の援助も全てを総合的に判断します。

ですので、症状や治療内容の変化はもちろんのこと、ご自身の生活スタイルや環境の変化、転院や主治医が変わった等がある方は特に注意が必要です。

障害年金は念には念を入れても無駄なことは何一つありません。

そして、障害年金を専門にしている社労士の役割としては、ただ障害年金の請求代理という手続きをするというよりも、障害年金をこれからもらう方やもらい続ける方の不安を取り除く存在ということが大きいのではないかと思っています。

発達障害の初診日をどこにすべきか迷う時

私の事務所では、難易度の高い発達障害の障害年金についてのご相談がなぜかコンスタントにあります。

私の発達障害の決定事例をじっくりと読んで、「フルタイムで働いているのに、カメリアでは2級が認定されている」ということで驚かれて問い合わせされる方もいますし、

どこかの発達障害サイトで、私の事務所の圧倒的な受給率から推薦してくださっているのですが、それを見て問い合わせされる方もいます。

あとは、たぶんたまたま検索していたら出てきただけかもしれませんが。。

発達障害で障害年金受給を考えている方の悩みといえば、大きく2つに分かれていて、

①今フルタイムで働いているけれど、働きながら障害年金はもらえるかどうか

②過去に診断も治療も受けていない病院があるけれど、発達障害でいう初診日はそこまで遡るのか、今診断を受けている病院を初診日にするのか

というものが多いです。

障害年金の初診日というのはどの病気にも共通していますが、その病気により初めて医師の診療を受けた日のことを言います。

診療とは、「医師が診察や治療を行うこと」です。

ですので、発達障害であれば発達障害という診断を受けた病院ではなく、発達障害の症状を訴えて診察を受けた病院があるのであれば、それが誤診であっても初診日と考えるのが通常です。

特に数十年前はまだ発達障害を正しく診断してくれる病院が少なかったため、とりあえず知的障害やうつ病や人格障害等と診断されてしまった人もいらっしゃいます。

また、発達障害の方の中には抑うつ症状が先(もしくは同時)に出て、最初の病院ではずっとうつ病という診断をされ、うつ病の治療を長年受けているというケースも意外とあります。

このような場合、うつ病と診断されて受診した病院の初診日を発達障害の初診日として請求します。

では、例えば幼少期に発達障害の症状で精神科等を受診し、治療の必要がないからと言われて継続受診せず、その後20年近く後に精神科を受診してやっと発達障害の診断を受け、服薬治療を継続しているという場合はどうでしょうか。

幼少期に発達障害の症状で精神科を受診したことが確実なのであれば、やはり発達障害の初診日は幼少期になります。

これがうつ病のみだったとすると、社会的治癒という法理を使い、幼少期のうつ病と20年後のうつ病は別だという主張をすることはよくあります。

しかし、発達障害は先天性の障害とされているため、社会的治癒に馴染まないのです。

ただ、長期間に渡り、社会生活も日常生活も全く問題なく、安定して仕事をすることができ、服薬も必要がない状態が続いていたのであれば、発達障害であっても社会的治癒を主張できるケースがあったりするのかなとも思います。

が、、、

やはり発達障害という病気の特性からして、社会生活も日常生活も全く問題なかったというのは考えにくく、全く問題なかったとすると、たまたま環境に恵まれていたということが大きいと捉えられてしまう気がします。

発達障害と一括りに考えられず、本当に人それぞれ経緯も症状も異なりますから、じっくりと精査し、どこを初診日にするべきか、初診日をずらすことはできるのか検討する必要があります。

せっかく障害の程度が重くとも、初診日が認められなければ「却下」という決定になってしまいますから。

 

 

60代の方は障害年金ではなく障害者特例を考えると得

現在60代であって、報酬比例部分のみの特別支給の老齢厚生年金を受給している方が障害の状態になった場合、障害年金をもらうよりも得になる制度があります。

障害者特例というものですが、障害年金3級の障害の程度以上であると認定されれば、特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分に定額部分を加算してもらえるのです。

定額部分とは、老齢基礎年金にあたる部分の金額です。

障害厚生年金の2級以上であれば、もちろんそのまま障害厚生年金2級を受給し、特別支給の老齢厚生年金は支給停止という選択をしたほうが断然年金額が多くなります。

しかし、障害厚生年金3級の方で最低保証額の584,500円(平成30年度)のような方であれば、それよりも障害者特例の金額が多くなることが多いのです。

カメリアで最近決定した案件で、ちょうどこのようなものがあります。

脳出血での肢体の障害(半身麻痺)の方ですが、杖もなく歩行ができていて障害年金3級程度の方でした。

しかし既に退職し、特別支給の老齢厚生年金を受給中の方でしたので、最初から障害者特例をもらう前提で障害年金の手続きをしました。

また、依頼を受けた時点でちょうど64歳になった時期でしたので、急いで障害年金の書類を揃えて提出しなければ年金を1か月ずつもらい損ねてしまいます。

病院側からは診断書の記載を固く断られどうなることかと思いましたが、依頼を受けてから1か月で障害年金の書類を提出することができ、書類も完璧に仕上げましたので審査期間も1か月半しかかかりませんでした。

結果は障害厚生年金3級で年金額は約110万円でしたが、障害者特例により特別支給の老齢厚生年金の年金額は約170万円以上(月14万)となり、かなりの増額となりました。

これが使える方は限定的ではありますが、障害の程度が軽いし障害厚生年金3級をもらっても意味がないと諦めるのではなく、障害者特例というものがあると知っておいていただくと実は得をする方がいらっしゃると思います。

また、障害者特例の要件は障害年金3級の障害認定基準に該当することですので、仮に障害年金の保険料納付要件が満たせずに障害年金の請求を諦めた方であっても大丈夫です。

もし該当するかも、、と思われた方は障害年金の専門家である社労士にご相談をおすすめいたします。

本来の症状よりも軽い程度の診断書が出来上がった場合

あるお客様の案件です。

障害認定日の診断書は、当時の障害の程度を正しく反映して作成いただくことができました。

しかし、今の状態の診断書は、びっくりするほど軽い障害の程度で記載されてしまいました。

このようなことはどんな障害であってもよくあります。

このような状態に陥ってしまった場合、どうしたら良いのでしょうか。

①ダメ元でこのままの診断書を使って障害年金の請求をする

②障害年金の請求自体を諦める

③医師に診断書を修正してもらう

まずは③を試みて、どうしてもダメなら①という選択が多いかと思います。

つい最近も、診断書がかなり軽い障害の程度で出来上がってしまったお客様がいらっしゃいました。

しかし、私はそんなことでは動じずに、その状況に応じて対策を考え、今回も無事に診断書の修正に応じていただくことができました。

そのためには、代理人である社労士だけが頑張っても限界があり、社労士とお客様がタッグを組んで、できることを考えることが何よりも大切です。

診断書がとても軽い障害の程度で出来上がってしまった場合に、代理人である社労士が怒ってしまうとか、そこで業務を放棄してしまうといったお声をたまにお聞きしますが、社労士が怒る意味がわかりません。

ドクターは、ドクターの考えや診断があってこそ診断書を書いてくださったわけで、まずはドクターのお気持ちを考えることが重要です。

そのドクターの考えや診断を尊重した上で、社労士は何ができるのかを考えます。

今回は、お客様と私で「寸劇作戦」を取り、お客様がドクターに今の症状を正しく伝えられるように何度も練習をして、その結果快く診断書を修正していただきました。

障害年金の請求において、敵も味方もありません。

誰の気分も害することなく、障害年金を受給するというゴールを目指すだけ。

私は審査をする日本年金機構(法律上は厚生労働大臣)も敵とは思ったことがありませんし、むしろ障害者の味方と捉えています。