65歳以上の障害年金受給者からのご相談

障害年金は障害の状態が続く限り、何歳になっても受給し続けることができます。

ですので、65歳以降も老齢年金を受給せずに障害年金を選択して受給する方もとても多いです。

65歳以降は、「障害基礎年金+障害厚生年金」「障害基礎年金+老齢厚生年金」「障害基礎年金+遺族厚生年金」のように組合せを選択することができ、その方によって有利な組み合わせはそれぞれです。

例えば、障害年金1級を受給している方であれば1.25倍されているので、65歳以降もそのまま受給していたほうが有利な場合が多いです。

また、障害年金を受給しながら厚生年金に加入して働いていた方であれば、「障害基礎年金+老齢厚生年金」の組み合わせを選択すれば、障害認定日後に働いた分の報酬比例部分の金額が上乗せされますので金額が大きくなります。

また、障害年金の3級をずっと受給していた方が65歳になった場合、例えばそれ以降に障害の程度が重くなっても2級や1級に額の改定をすることはできません。

一度でも2級以上になったことがある3級の方は65歳以降も額の改定をすることはできますが、3級をずっと受給していた方は65歳になる前にご自身の障害の程度をしっかりと確認して、以前よりも障害の程度が重くなっているようでしたら65歳になる前に額の改定をしておくことが重要です。

障害の程度が重くなったら額の改定ができるということはなんとなく知っていても、3級の方は制限があるということまではご存じない方が多く、このようなご相談は私の事務所にも何度かいただきました。

65歳以上の方からご相談をいただくことが増えており、障害年金の仕事をしていても高齢化社会なのだと実感します。

私の事務所では、このような障害年金の請求代理以外のご相談は無料ではなく有料でさせていただいておりますが、後で取り返しがつかなくならないように「障害年金の見直し」「障害年金のメンテナンス」をすることをおすすめします。