うつ病に次いで脳出血と脳梗塞のご依頼が毎週あります

開業当初から当事務所では、脳梗塞や脳出血などの脳血管疾患での肢体の障害や高次脳機能障害の方のご依頼がとても多く、それは今も変わっていません。

もちろん一番多い障害は、「うつ病」「双極性障害」「発達障害」「知的障害」等の精神疾患なのですが、脳梗塞や脳出血も毎月多くのご相談やご依頼をいただいています。

1月も脳梗塞や脳出血の障害年金請求代理のご契約は、ほぼ毎週いただき、30代や40代の働き盛りの方の肢体障害は本当に多いのだと実感しています。

脳血管疾患は人それぞれに後遺症が違い、肢体の障害と言っても感覚麻痺や痙縮等様々です。

さらに言語障害や高次脳機能障害も残る方もいらっしゃいますし、多くの専門的知識を要します。

私の事務所では、特にこのような脳血管疾患の障害年金を得意としており、年金事務所で断られた方であっても1級を受給できたり、通常はあり得ない永久認定になったりと、良い結果を出すことがとても多いです。

ただ、大変な障害であるにも関わらず、脳出血や脳梗塞で障害年金が受給できるということの認知度がないことと、医師が障害年金に対して誤った理解をされていることにより、もらえる方がもらえていない現実があります。

特に知られていないのが、脳血管疾患の肢体の障害は初診日から1年6か月経たずして請求ができるということです。

初診日から6か月経過後に症状固定と診断されればすぐに障害年金の請求はできます。

早く障害年金が受給できれば、経済的な不安は少しでも軽減されると思いますし、機能回復のリハビリが終了し生活維持のためのリハビリに入ったところで障害年金を準備していくことをおすすめいたします。

一気に提出と新規のご契約が入れ替わりそうです

現在、とにかく慌ただしい毎日を過ごしています。

昨年から準備をしていて、なかなか困難な状況だった方々の案件が一気に進み、今月かなり多くの方の障害年金請求書を提出できそうです。

どの方の案件も一筋縄ではいかない案件で、ここまで来るには長い道のりでした。

それでも全ての方が良い結果で受給できそうな手ごたえはあります。

そして、新規や再請求のご依頼のご面談も多く、とても良いペースで仕事ができています。

ただ、ご相談の中で増えていて気になるのが、他の社労士に依頼した方が結果に納得できずに、当事務所にいらっしゃるケースがとても多いことです。

そして、委任契約をした社労士とほとんど意思疎通ができていない方が多いと感じます。

障害年金の業務を進めていく段階で、お互いに情報を共有したり、どうしてこういう結果になったかとか、提出前にある程度の見立てのご説明をしたりしないのでしょうか。

手前味噌ですが、私の事務所のお客様方は、よく

「もうこれで不支給になったとしても、潔く不服申立てしませんよ!」
とか
「これならどんな結果であれ、受け入れられます!」
と、提出前からおっしゃってくださいます。

(いやいや、結果が悪かったら不服申立ては考えましょうよ、、。)

だけど、それだけ信頼してくださる証拠だと思いますし、提出前に不安やもやもやしたことを払拭できているということなので、これは代理人としては本来は必ずしなければならないことだと思っています。

むしろ、私は依頼人の不安を最小限にしてあげることが代理人社労士として最も重要だと思うのです。

話はそれましたが、依頼する社労士を選ぶことは、その後の人生を左右すると言っても過言ではありません。

ぜひ、「この社労士なら全て安心して任せられる」という社労士に出会ってくださいね。

ついついパンダに目がいってしまう、、。

昨年から、上野動物園の赤ちゃんパンダ香香(シャンシャン)の影響か、パンダのグッズがあるとついつい目が離せなくなる私。

テレビのニュースで見るコロコロと愛くるしい香香(シャンシャン)の姿、やっぱりかわいいものは無条件にかわいいし、魅了されます。

今日、お客様に出すお礼のはがきを探しに行き、またすぐにこんなかわいいパンダを見つけてしまいました。

いつも、お客様にお手紙やはがきを出す時には、その方に合いそうなものとか、その方を思ってそれぞれ探しに行きます。

今日もこれ以外に何枚か買ったのですが、ほっこりと喜んでいただけたらいいな~と思っています。

受給決定後にも、こうやってお客様と細く長く繋がっていられるって、本当にやりがいのある仕事だと思いますし、私の宝物です。

最近よく聴いている528Hz音楽のCD

少し前から528Hzの周波数を多く含む音楽というものをよく聴いています。

じわじわと話題になっているらしいのですが、528HZの周波数というのは「愛の周波数」とも呼ばれていたり、リラックス効果があるようです。

特に副交感神経を効果的に刺激するので、

・体温が上昇する
・不眠症だった方がぐっすり眠れるようになる
・便秘症が改善され、肌がきれいになる
・肩こりが消えて、冷え性が改善する
・意欲が高まる
・集中力が高まる

というような効果があると研究が進んでいるとのことでした。
(個人差はあります)

今の社会では、常にパソコンやスマートフォンが近くにあったり、せかせかしたり、上手くリラックスすることが難しい気がします。

私自身、仕事が趣味のようになっているので、お風呂でリラックスしているつもりが頭の中ではいろいろと考え事をしていたり、寝る直前までパソコンを使っていたり、心身ともに緩んでいるという時間がなかなか持てません。

それによって、肩こりしたり、身体が冷えたり、何か改善できればいいなと思っていました。

「心身を休ませる」ということも、生きるためには立派な仕事なんですよね。

特にうつ病等の方は、何もしないことに焦りを感じたり、何もできないけれど心は不安だったり、ゆっくりと休むことが難しいかもしれませんので、
このような音楽の力を借りるものいいかもしれません。

長い人生のうち、長期間の休養が必要な時期だってありますから。

新年早々、毎日ご依頼が殺到しております

当事務所は昨日から本格的に業務を始めております。

年末年始の間にお問い合わせのお電話をいただいていた方へ順番にお電話をし、毎日ご依頼をいただいており、1月にご依頼を受けられる人数に達してしまいそうです。

私の事務所の特徴として、あらかじめブログやホームページを隅々まで読んでくださってからご連絡をしてくださる方がとても多く、

「プロフィールを読んで共感しました!」
とか
「いつもホームページやブログを見ていて、熱意がある社労士だと思いました!」
とか、既に私の事務所に依頼を決めてくださっている方が大半を占めていることを嬉しく思います。

やっぱり、「どこの社労士でもいいや、、」とたまたま来てくださるよりは、「カメリアで絶対に依頼したい」と思ってくださる方だと、私も頑張り甲斐がありますもの。

また、昨年から増えているのが、遠方にも関わらずご面談に足を運んでくださる方です。

当事務所では全国対応しており、関東以外の方はご面談はせずに依頼を受けることができます。

しかし、遠方にも関わらず、「遠くても面談に行きたいです」とおっしゃってくださる方がいて、嬉しい反面体調を心配してしまいます。

でも、ご面談が終わる頃には少し明るいお顔で、「実際に会って話したら安心しました」と言われるので、やっぱり対面のコミュニケーションって大切なのだな~と思ったりもします。

私はカウンセラーでもなんでもないし、うつ病等の精神疾患を患っている方を適切な方法で癒してあげられるわけではないけれど、何とかして障害年金を受給して安心して欲しいという気持ちは強いです。

それだけでも伝わればいいなと思っています。

年始早々、毎日数名の申立書を作成したり、診断書依頼書類を作成したり、合間にご面談したりと、マイペースで仕事ができています。

ご依頼をお考えの方は、早めにご相談くださいませ。

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

2018年も今まで以上に努力し、お一人お一人との出会いに感謝して仕事をしていきたいと思っています。

年末年始は、昨年の振り返りをしたり、今年の目標を立てたり、いろいろなことを考える良い時間になりました。

今からわくわくしています。

当事務所の営業は9日からになりますが、既にご面談予約のお問い合わせも続々と入っておりますので、依頼をご希望の方はメールかお電話をいただければ対応いたします。

さて、今日はご契約中の方の書類を提出するためとご契約したばかりの方の保険料納付要件の確認に、さっそく年金事務所に行ってきました。

年金事務所は今日から仕事始めでしたので、まだそんなに混んでいなくてスムーズに対応をしていただけました。

やっぱり年金事務所に行くと、ホッとしますね。

明日も明後日もご面談の予定がありますので、徐々に本格始動していきます。

今年もカメリア社会保険労務士事務所をよろしくお願いいたします!