【脳出血】障害者手帳3級にも関わらず障害厚生年金2級、年金額240万円決定!

提出から2か月で決定のスピード決定です。

この方はご面談で私が見た限りだと、身体障害者手帳は1級でもおかしくない程度の肢体の障害がある方でした。

しかし直近で取得した障害者手帳は、なんと3級。

ということは、普通に障害年金の診断書を依頼すれば障害年金3級も危うい程度の軽い診断書が出来上がると予想されました。

また、現在は往診のみの受診でしたので、肢体の診断書を書き慣れている主治医ではなく、そこも様々な工夫が必要でした。

でも、カメリア社会保険労務士事務所は脳出血や脳梗塞の受任がとても多く、肢体の障害は得意分野です!

無事に問題なく2級が認定される診断書を書いていただき、障害認定日で2級が認められました。

初診日から1年6か月経たずに障害認定日の特例を使い、それも認められました。

年金額も月に20万円以上になり、またパーフェクトな決定で一安心です。