久しぶりにドキドキした病院同行

久しぶり(と言っても2か月ぶりですが、、)の病院同行で、少し離れた病院に行ってきました。

今回はとても珍しい難病での障害年金請求なので、診断書の書き方に多くの工夫が必要な案件です。

通常は主治医あてに書類を作成し、それを読んでいただければ診断書は出来上がるのですが、今回は書類をお客様から主治医に渡してご理解いただくのは難しいと判断し、主治医とお会いさせていただくお時間を取っていただきました。

なかなか予約が取れない多忙なドクターにも関わらず、すぐにお時間を作ってくださり、しっかりとお話できるように最終診察のお時間を確保してくださいました。

今回のお客様の難病は、その方によって出る症状が様々で、肢体・心臓・腎臓・代謝機能・精神等、まずは障害年金の請求上どの診断書をメインに使っていくかをしっかり考えなければなりません。

そのあたりを主治医にお話させていただいたところ、とても柔らかい物腰で聞いてくださり、障害年金の請求にもご協力していただけるようでした。

「社労士は医師に診断書の内容を指示する」

「社労士は障害年金の受給ありきで医師に話をする」

というようなことをよく言われ、医師の中には社労士とは関わりたくないということをおっしゃる方がいるとも聞きます。

しかし、医療の専門家としての医師の立場を尊重し、医療の分野には決して土足で踏み込まず、あくまでも社労士は社会保障制度の専門家としての立場をわきまえれば、医師もわかってくださると私は思います。

患者さんと医師、社労士と医師は敵対する関係ではありませんし、患者さんを救いたいという思いは同じであるはずです。

障害年金の請求は、いろいろな人が関わり、それぞれが協力をし、それぞれが信頼し合って初めて結果に結びつくと改めて思いました。

長い帰りの電車ではなんだかホッとしてしまい、ほとんど爆睡して最寄駅に着きました。。