障害の状態は悪化したのに、初めての更新で支給停止に!

2年以上前に高次脳機能障害の請求代理をし、4つの病院で診断書を書いてもらったりと、苦労してなんとか受給できたお客様です。

審査中には、障害認定日と請求日の間の診断書とカルテの写しの提出も求められ、審査に約半年かかりました。

今年が初めての更新(障害状態確認届)。

当事務所では、受給決定した際にはお客様に、

★障害年金は受給決定がゴールではなく、あくまでもスタートであること

★更新の時も絶対に油断は禁物なこと

★病院や主治医が変わったり、症状や日常生活や就労状況等が変わったらしっかりと対策が必要なこと

★永遠にもらい続けることはできないかもしれないことetc…

をくどい位にお伝えし、個別に注意が必要な方にはそれもしっかりとご説明しています。

でもね、、受給決定された時点で、私の話は右から左に流されてしまうことも多かったりするんです。

「そんなこと言ったって、受給決定よりも更新なんてちょろいもんでしょ!」って思われる方のなんと多いこと。

今回支給停止になったお客様にも、受給決定後にしつこい程に気を付けていただくことをお話していました。

実はその時から、嫌な予感がしていたのです。

受給決定後に症状が変わらなくても定期的に受診していただくこと、理由もなく病院を変えないほうがいいこと、主治医が変わったら更新月の3か月前位には対策をすることをお願いしておきました。

しかし、全く病院には行っておらず、さらに病院も変わっており、症状は以前よりもむしろ悪化しているにも関わらず診断書には全く反映されていなかったようです。

当事務所では毎月受給決定した方が増える一方なので、全ての方の更新を見守ることはできません。

障害年金が更新で支給停止になってしまったら、不服申立てをするか支給停止事由消滅届の手続きをするか、その両方をするかしなければなりません。

仮に支給停止が解除されても、数ヶ月から1年以上は障害年金は止まったままになります。

障害年金をもらい始めたら常に更新を意識して、くれぐれもいきなり支給停止にならないようご注意ください。