当事務所の無料相談には「おまけ」「おみやげ」がつきます

昨年の後半頃から、「カメリアに依頼をしたい」という方からご相談をいただいても、障害の程度が基準に達していないため、その旨をお伝えして今は障害年金の請求はできないというお答えをすることが結構あります。

障害年金に対する認知度が広まったとポジティブに考えていますが、どうなんでしょう。

今は障害の程度が軽くて障害年金がもらえる可能性はほとんどない時でも、

「あなたの状態は基準に該当しないですよ。」

とだけお伝えし、相談を終えてしまうということは、私はなんだかできないんですよね。

元々の性格が割とおせっかいということも大きいですが、私のところに電話をしてきてくれたということは、その方は少なからず困っているのですし、SOSを出しているのだと思うのです。

自分の病気等のことを話して、軽く事務的に対応されるかも、、という気持ちを抱えながら、それでも勇気を出して電話をしてくれたかもしれないじゃないですか。

特にうつ病や発達障害の方たちは、散々他人により傷ついているわけで、それでも意を決して相談をしてくれているのだと思います。

だから、相談者の障害の程度が軽くて障害年金の基準に達していないという話をする時にも、私は必ず「おまけ」や「おみやげ」のような話をしています。

だから、無料相談なのに、異様に時間が長くなる。。

無料相談で、どうしても依頼を受けられないというお答えをした時でも、皆さんが口を揃えて

「こんなにいろいろなことを教えてくださって、いいですか?」

「今は障害年金がもらえなくても、なんだかホッとしました。」

と言ってくださいます。

人が喜んでくれるとか、笑ってくれるとか、それがただ嬉しい。

障害年金の社労士事務所は、今や数えきれないほどありますが、その中で選んでくださって、お電話してくれたことは、奇跡だし、ご縁です。

今後も、「おまけ」や「おみやげ」付の無料相談を続けます。

※どうしても「おまけ」や「おみやげ」を付けられない時は、ご容赦くださいませ。

 

障害年金代理請求を依頼する社労士との信頼関係について

障害年金の請求で社労士が代理人となる時に、私は信頼関係が何よりも大切だと思っています。

それは、たぶん障害年金の決定が出た時に、その決定内容に対してお客様が気持ちの折り合いをつけられるかどうかに大きく影響するからです。

今までに私が代理をした何人ものお客様から、障害年金の請求書類を作り終えて提出する前の段階で、次のような言葉をいただくことが何度もありました。

「ここまで石塚さんが努力してくれたので、もし障害年金が不支給でも私は構わないと思っています。」

(でも、本音は障害年金を受給したい。。)という気持ちは含まれているはず。

社労士に依頼するお客様は、良い受給決定が出た時は、社労士はプロなのだから当たり前だと思う方もいるでしょう。

しかし、不支給決定や低い等級での決定が出た時に、社労士との信頼関係がなければ、少なからず社労士がもっと努力してくれれば、、という気持ちになると思うのです。

私も「あの時もっと努力すればよかった」って後悔したくはないし、お客様にも「他の社労士に依頼すればよかった」と後悔して欲しくありません。

じゃあ、具体的に社労士はどんな努力をするのか。

ここには書けないほど、その案件ごとにいろいろな努力を試みます。

私の場合は、どのお客様の案件にも共通することは、「しっかりとしたヒアリング」に尽きます。

社労士によって障害年金請求の進め方は様々で、ヒアリングにしても、

「この用紙に症状や日常生活を書いて送ってください」と簡単に書いてもらったものを使うだけというやり方も耳にします。

しかし、私はそれだけでは本当にその方が困っていることや、いろいろな症状や、大事な病歴を聞き逃してしまうことがあると思っています。

例えば、病歴が長い方は、長期間に渡ってご自身の障害の状態と向き合っているため、障害の状態があることが無意識に当たり前になっていることが多く、私がいろいろなヒアリングの方法を試みながらやっと聞き出せることが多いのです。

その方の障害状態をしっかりとヒアリングし共有することが、診断書依頼にも病歴・就労状況等申立書作成にも役立ち、結果的に良い受給決定に結びつきます。

同じゴール(目的)を持った、「同志」が理想です。

しかし、最近依頼を受けたお客様は、「目上=依頼人」とか「目下=社労士」という意識が強かったようで、肝心なヒアリングに協力いただくことができませんでした。

誰でも自分の病気のことや障害のことを赤の他人に話すことには抵抗があると理解しています。

だからこそ信頼関係を築ける関係が大切であり、依頼をしていただいたからには全てを委ねて欲しいと常に思うのです。

障害年金の代理請求を社労士に依頼する方は、「この社労士に自分のことをさらけ出すことができるか」という視点で選んだら良いと思います。

そうしたら、きっと数か月後には最高の受給決定の喜びを一緒に分かち合えるはずです。

毎日キュンキュンしていた社労士試験の勉強

久しぶりに障害年金無関係のプライベートについて。

いつも行くカフェで読書をしながらコーヒーを飲んでいた時のこと。

隣のテーブルには、社労士試験の勉強をしている方がいらっしゃいました。

よく見たわけではありませんが、「休業補償給付」とか「打切補償」とか「二次健康診断等給付」という文字の羅列が目に飛び込んできたので、すぐに労災の勉強をされているのだとわかりました。

それで、私が社労士試験の勉強をしていた時のことを思い出し、すごく羨ましくなりました。

かれこれ10数年前のことです。

私が社労士試験の勉強を始めたのは、何かの勉強をしたいという気軽なきっかけで、当時は社労士の仕事をしようとも、まさか開業をしたいなんて考えもしませんでした。

気軽に始めてしまったわけですが、始めてからはあまりの楽しさに、どんどんのめり込みました。

労働基準法、安全衛生法、労働者災害補償保険法、雇用保険法、、と進むにつれて、労働者は本当はこんなに法的に守られているのだ、社会保障制度はこんなに充実しているのだと、もっともっと知りたいという気持ちで、ドキドキしてくるほどでした。

社労士試験の勉強のことを考えると、キュンキュンしてきて、寝ても覚めても勉強したくてたまらなくなりました。

寝る直前までテキストを離さず枕元に置き、朝起きたらまたすぐにテキストを読みたくなる位の中毒です。

断っておくと、私は本来怠け者であり、勉強が好きなわけでありません。

ところが、社労士試験の勉強だけは、勉強とも思えず、つらいと思ったことは一度もありません。

ただただ、楽しいだけで終わってしまいました。

受験が終わった後は、「もう受験勉強が出来ないのか、、。」と寂しい思いをしたものです。

当時の気持ちは今でも忘れることができず、たまに心によみがえってきます。

好きなことというのは、こういうことなんですよね。

だから、たまに社労士試験の勉強をしている方から、どうやって勉強していたのかを聞かれることがありますが、楽しいことをしていたという感覚しかなく、適切なアドバイスができないのです。

人それぞれ、寝食忘れてのめり込んでしまうものがあると思います。

それは趣味かもしれないし、遊ぶことかもしれません。

私の場合は、寝食忘れてのめり込んだものが社労士試験の勉強だったのです。

今、障害年金の仕事をしていて、試験勉強のようにキュンキュンすることはないけれど、やはり少し似た感覚になることはあります。

その感覚を忘れたくないし、大切にしていきたいと思っているのです。

障害年金は「障害者年金」ではありません

ご相談を受けていると、多くの方が障害年金のことを「障害者年金」と間違って認識していると感じることがあります。

「障害者手帳」には「者」が付くので、それと混同されているのかもしれませんね。

障害年金は、障害者になったからもらうものではありません。

そもそも、日本の年金制度は、「老齢年金」「遺族年金」「障害年金」の3つで成り立っています。

そして簡単に言うと、年金を受給しなければならない(=収入が激減する)きっかけになる事柄が3つあると捉えているのです。

老齢年金…加齢により働くことができなくなり、収入が減る(もしくはなくなる)

遺族年金…一家の大黒柱が死亡し、収入が減る(もしくはなくなる)

障害年金…病気やケガにより働けなくなったり、働くことに制限があり、収入が減る(もしくはなくなる)

障害年金でいう「障害」とは、病気やケガのことを意味します。

例えば、がんで闘病されている方を「障害者」と言うことはありませんし、糖尿病の方を「障害者」と言うことはありませんよね。

障害年金の「障害」は、私は個人的に「生きるための障害物」というように考えています。

お客様の中で、

・障害年金をもらうと自分が障害者という烙印を押される気がして、受給したいのに気持ちが萎縮してしまう

・障害年金をもらっていることが他人にわかると非難される気がする

というようなことをおっしゃる方が少なくはありません。

でも、老齢年金をもらうことに対して後ろめたさを感じるというお声は聞いたことがありません。

誰もが老齢年金を受給する65歳まで健康で、しっかりと働いて収入を得る保障なんてないのです。

健康に気を使っていても、若くして病気になったりケガをする可能性は誰にでもあり、そのための公的年金制度です。

障害年金に対する意識を少しでも変えて欲しいなと、私は常々思っています。

カメリア社会保険労務士事務所のお客様であれば、「あ、また言ってる。。」と思われると思うのですが、

私のお客様が、「障害者年金」とおっしゃった時は、

「障害者年金なんて言葉はありません!障害年金です!」としつこく訂正をしています。(笑)

それは、障害年金をもらう状態になったら、誰もが暗い気持ちにならず、堂々ともらって欲しいからなのです。

誤解されている「障害者年金」という言葉が少しでもなくなるよう、そして「障害年金」について正しい知識が広まるよう、微力ながら啓蒙していきたいと思っています。

「餅は餅屋」だけど同じ餅ではない件

毎年、新年になると慌ててすることがあります。

それは、確定申告の準備です。

私はある程度の集計をしてから申告作業を税理士さんに毎年依頼しているのですが、今年は別の税理士さんにお願いしようかと思い、いろいろな税理士さんを当たってみました。

確定申告という一つの作業にも関わらず、料金もサービスも話の丁寧さも、本当に千差万別なんですよね。

そして、料金が高いから良いかという訳でもないけれど、あまりに安過ぎるとやっぱり何かあったり。。

これって、障害年金を専門としている社労士にも全く同じことが言えるな~と、同じ士業なだけにいろいろなことを感じました。

障害年金を専門としている社労士は、得意としている障害や病気も違ったり、ほとんど不支給は出さない社労士もいれば、不支給率が10%もある社労士もいます。

そして、精神疾患が得意とは言っても発達障害はほとんど扱わなかったり、うつ病の割合が圧倒的に多く、統合失調症はほとんど扱っていなかったりということは当然に起こります。

いつもギリギリの等級での認定が多かったり、遡及ができる可能性があるのに遡及が認められないということも起こります。

また、私のお客様からよくお聞きするのは、コミュニケーションがなかなか取れない社労士が多いとか、納得がいく説明がないとか。

でも、社労士であるから「餅屋」ではあるのです。

なかなかホームページ等の情報だけで、「餅屋」のレベルや人柄を理解することは難しいと思います。

でも、電話で数分話をしてみるだけでも、その人が普段どうやって仕事をしているのかとか、どれだけ障害年金に熱い思いがあるのかとか、どれだけわかりやすく話してくれるのかとかはわかります。

「障害年金専門の社労士」と一括りにすることはせず、その社労士はどんな餅を作る「餅屋」なのかを見極めてみてください。

あっ、ホームページに今月限定のお得なキャンペーンがあります!

診断書がパーフェクトな上に、1日で仕上げてくださいました

少し遠方から、私のホームページのコラム記事を読んで依頼を決めてくださったお客様です。

最初にお問い合わせいただいた時には、「問題なく歩けます」とのことだったので、肢体の障害でも3級取れるかどうか微妙だな~と感じました。

ただ、微妙な場合は良い方に転ぶことも多いですし、特にこの方は今の請求を逃したら次がない年齢だったので、リスクを覚悟で受任しました。

でも、実際にご面談をしたら、「この状態であればなんとか認定基準には該当している」と私は判断できました。

あとは、、それをいかに診断書に、正確に忠実に反映していただくことに限る!

実はお客様から病院に診断書を依頼したところ、診断書の作成自体を固く断られました。。

まあ、そんなの私からしたらよくあることですし、

・なぜ診断書を書いていただけないのか

・もし書いていただけるとしたら、どの部分をこちらは譲歩したら良いのか

をお伺いし、

・どうしてもここの病院で診断書を書いていただきたい理由

・今後どの程度障害年金をもらい続ける予定か

ということを誠意を込めてお伝えしました。

その結果、すぐに受診の予約を取ってくださり、通常は診断書の作成に1か月程度かかることが多いところ、

なんと、その日に診断書を仕上げてくださいました!

診断書の内容も、私が拝見したところパーフェクトです。

私の事務所では、決して「障害年金の受給ありき」で考えているわけではありませんし、あえて症状を重く診断書を書いていただくよう強要することは絶対にありません。

ただ、一番心がけているのは、お客様の症状や日常生活上の支障の中で、主治医にうまく伝わっていない部分をしっかりとお伝えすること。

それがしっかりとできていれば、障害年金を受給することはできるのです。

新年早々、病院の方々が私の書類等を信頼していただき、全面的に協力をいただけて、嬉しく思いました。

最後まで気を抜かず、良い結果に繋げたいです。

明けましておめでとうございます

2019年、カメリア社会保険労務士事務所は本日から営業しております。

年末年始の休業中も、多くのお電話の着信があり、LINEからのお問い合わせもあり、ご対応できなかったこと心苦しく思っております。

たまたま仕事をしていた日にお電話くださった方に関してはご相談をお受けすることができたのですが、年末年始のような時期でも障害年金の請求を考えていらっしゃる方は、必死で相談できる社労士を探しているのだと痛感しました。

そして、ここ数ヶ月はなぜか多発性硬化症の方からのご依頼がコンスタントに続いており、脳血管疾患とともに肢体の障害の割合がとても多いです。

私の仕事のスタンスとして、「情報がフレッシュなうちに書類を作り終える」ということをしているので、年末ぎりぎりに受任したお客様の書類もほぼ作り終えております。

というわけで、新たな気持ちで新年の仕事のスタートを切ることができ、今年1年が楽しみです。

今年もカメリア社会保険労務士事務所をよろしくお願いいたします!