最近読んで面白かった本

今月の更新サポートがある程度終わり、おそらく全ての方が今の等級を維持できるような見通しが出来たのでホッとしているところです。

(絶対!とは言えませんが、、。)

HPも大掛かりにリニューアルしていただくことになり、少しずつ進み、私の中では今の時期が一区切りというか、転換期だなと実感しているところです。

開業から今までは、自分では順調すぎるほど順調だと思っているのですが、それは決して楽々ここまで来たわけではなく、私の場合はつらかったことや苦労したことは頭から抜けてしまうので、順調に歩んできたと感じるわけです。

HPのリニューアルの準備にあたり、開業から今までを振り返る機会が多く、私の事務所の強みや胸を張って言えることを考えていました。

強みというのは、関わった多くのお客様が言ってくださる「安心感」だと思います。

私の事務所での面談や電話は、とにかく長い!です。

あえて長くしていませんし、なるべく短く短くと常に意識はしています。

よく、他の事務所に依頼をした方から「社労士と話が持たない」「社労士が無言になってしまう」「くだけて話すことができない」と聞くのですが、私の場合には今までに一度もそんなことはなかったな~と感じています。

むしろ、皆さまが病気や障害を抱えているのに、話していたら楽しくてあっという間に時間が経っていた、、ということがほとんどです。

障害年金の請求において、依頼人と社労士との信頼関係やお互いの話しやすさは一番大切であり、その意味においては私の事務所はダントツだと胸を張れます。(手前味噌ですが。)

あと、今まで関わったお客様の案件で、少しでも手を抜いたり、後悔したことは一度もありません。

「もっと努力しておけばよかった」と後悔するくらいなら、「ここまで努力する必要なかったかも」と思うくらいがちょうど良いと思うのです。

だから、今後も良い部分は残しつつ、さらなるパワーアップして、ここにもうちょっと社労士らしい威厳なんかがプラスされたらいいな~なんて思ったりしています。

(いらないか、威厳なんて。偉くないしね。)

と、どうでもいいことを書きましたが、タイトルにもある最近読んで面白かった本について。

私は活字フェチなので、どんなジャンルの本でも構わず毎月本ばかり読んでいますが、最近は図書館で以下の本を借りて読みました。

税理士さんが書かれた本なのですが、タイトルに惹かれて読んでみたら面白くて、一気に読み終えてしまいました。

生き方が素晴らしく賢くて、行き当たりばったりで生きてきてしまった私は反省しきりでした。

若い時に自分を客観的に分析するって、一番難しいことのような気がしませんか?

歳を重ねてくると、自分は大したことのない人間なんだと客観的に見たり、自分の立ち位置や進むべき道を諦めとともに考えることができるようになるけれど、

この田村麻美さんは10代の頃から自分のマーケティング戦略を立て、トライ&エラーを繰り返し、PDCAサイクルに則って今の勝ち組人生を満喫されていらっしゃるのです。

頭が良いってこういう人のことを言うのだな~って、なんだか私はフライパンで頭を殴られた気持ちになりました。

読む人によって感じ方が違うのかもしれませんが、何かしらコンプレックスを抱えている人なら誰でも得るものがある本だと思います。

(しかし、下ネタが多いので要注意です。)