病院側は根拠が欲しいということに尽きる

よく、一般の方がご自身で障害年金の請求準備をしていて、にっちもさっちもいかなくなり、私のところにご相談されることがあります。

その中でも、「病院側が診断書の修正に応じてくれない」という内容はとても多いです。

自分で頑張って、なんとか診断書は主治医に依頼して書いてもらったものの、中身を読んでみると自分の状態とは違うような気がする、、なんて時です。

つい先日も、

「病院のソーシャルワーカーの方に診断書の内容について質問をしてみたら、診断書は絶対に修正しません!と言われてしまった」

とおっしゃっていた方がいました。

でも、私はその対応はある意味当然だと考えています。

一般の方が根拠もなく雰囲気で診断書の修正を依頼することに、「はい、はい」と応じることこそ疑問を感じます。

それは、病院の方(医療従事者)は医療のプロだからです。

プロをそれなりに納得させるには、何らかの根拠が必要。

だって、その道のプロというのは必ず確固たるプライドを持ってその仕事をしているわけで、それを曲げるにはそれ相応の材料が必要なのです。

社労士であれば、診断書を再度検討していただく場合、検討を依頼する根拠などをしっかりと提示していきます。

決して、「この診断書では障害年金が受給できないから修正を、、」なんてことは言いません。

「医療のプロ=医療従事者」と「年金のプロ=社会保険労務士」がしっかりと根拠に基づいて話し合うからこそ、一度出来上がった診断書でも修正に応じてくださるのです。

それでも、どうしても修正を検討してくださらない場合もありますが、その場合でもその道のプロとして尊敬の念は忘れないように、そして感情は入れないように最善を尽くすのが障害年金請求のプロだと思っています。