発達障害(フルタイム勤務)の受給決定内容が良すぎて、、。

最近出た発達障害の受給決定もそうですが、当事務所では他の事務所では断られた発達障害の方の受給がパーフェクトです。

・フルタイム勤務(正社員もしくは契約社員)

・何年も同じ会社で就労できている

・一人暮らし

・給料が25万円以上(年収300万円以上)

という、「たぶん障害年金は受給できませんよ」と即答されそうな方が、無事に受給できているのです。

(最近出た決定は、後ほどゆっくり掲載します)

なので、口コミやホームページをご覧になった方から、発達障害の依頼が殺到しているのです。

ただ、傾向としては「発達障害と診断されれば障害年金がもらえる」と勘違いされている方も増えているようで、聞いてみるとほぼ何の支障もないような方も多いです。

実際に発達障害の方と電話やメールをすることが頻繁にありますので、少し会話をしてみるとその方の支障がどの程度かがわかってきます。

ご相談の中で、「何年もフルタイムで勤務できています」と言われても、

「これはきっとかなりの配慮を受けてなんとか仕事ができているのでは、、。」というようなことがピンときます。

そのような発達障害の方は、今現在は何年も勤務できているかもしれないけれど、今の会社でなくなったらきっと同じように仕事ができないだろうし、だから障害年金がもらえる程度ならもらったほうがいいと、依頼人の方にはお話しています。

発達障害はやはり一生涯付き合っていく障害ですので、長い目で障害年金も視野に入れて生活設計を考えることが必要だと思うのです。

そんなわけで毎日のように発達障害の方からご相談があるのですが、当事務所では

しばらくの間、発達障害の方のご相談やご依頼を受けることは停止しております。

大変恐れ入りますが、ご理解いただけると幸いです。

 

偉そうに先生ぶる社労士ほど、結果を出していないらしい

何度か書いていますが、カメリア社会保険労務士事務所に駆け込んでいらっしゃるお客様にはある特徴があります。

それは、、

「他の社労士に依頼して障害年金の受給ができなかった」

「他の社労士が初診日の証明で諦めてしまい、放置された」

という方がとても多いことです。

ある意味、障害年金の駆け込み寺のようになっています。

最近でも、私の事務所では通常案件であるような、初診日が証明できないという案件で、他の社労士に依頼していたにも関わらず、数か月間も何も進まなくなったというお客様がいらっしゃいました。

ちなみに、その社労士のホームページはかなり立派で、どんなに困難な案件でも受給できるというような美辞麗句が並んでいる社労士事務所でした。。

(あまり書くと批判になってしまうので、控えなきゃ、、。)

そしてそのお客様のお話を聞いて驚いたのが、社労士との意志疎通が全く出来ていないということです。

何か月も放置されていて、その期間に何をしているのか、どういう業務に時間がかかっているのか、そういう説明も何もなかったら依頼者としては不安で仕方ないし、社労士に対する不信感でいっぱいになりますよね。

そして、初診日はどうしてそこまで重要なのかも教えてくれていないとのことでした。

他の社労士事務所って、そんなに適当なんですかね。

依頼者からすると、「偉そうな感じで、質問しにくい先生だから、きっと経験豊富ですごい社労士なんだ」というように見えているかもしれませんが、決してそうではありません。

むしろ、本当に障害年金の実務ができて、結果も出してきて、最新の知識もあるような社労士であればあるほど、見かけは「先生」という感じではなく、世間話したりいろいろな相談をしたりできる、気軽な関係を築けるものですよ。

「できる社労士」ほど常に余裕がありますし、偉そうに威嚇する必要はないですから。

私の事務所では、依頼を受けてご面談をする時には、

・障害年金についてや初診日がどうして重要なのか

・障害年金請求の進め方のスケジュールについて

・その方独自の進め方やその方の難しいところや山場

等をしっかりとお伝えしています。

そして、実際に業務が始まったら、今どの段階なのか、順調なのかそうじゃないのか、あとどのくらいで提出できるのか、、、等、いろいろなことを一緒に共有しています。

だって、障害年金の業務は「二人三脚」であり「同志」ですからね!

他の社労士の批判はしたくはありませんが、「人のふり見てわがふり直せ」ですね。

でも、だからこそカメリア社会保険労務士事務所の良さがわかってもらえるし、もっともっと依頼者に喜んでもらいたいと思います。

他の社労士で痛い目に遭った方は、一度カメリアにご相談してみてくださいね。

 

障害年金を無事に受給し、大金を巡り家族で憎しみ合い

障害年金の仕事をしていると、家族間のトラブルは日常茶飯事耳にします。

家族間に何のトラブルも問題も不満もないということのほうが、むしろ珍しいくらいです。

一番多いのは、病気や事故で何らかの障害を抱えることになり、それが原因で家族がぎくしゃくしたり、離婚に至るケースも多く見ています。

また、障害年金を受給するまでは円満だったのに、障害年金が無事受給できて、遡及でそれなりに多くの一時金が振り込まれてから、家族間で大きなトラブルになり、家族が憎しみ合うということもありました。

障害年金は振り込まれる前に、いつ、いくら振り込まれるということがわかりますので、ご家族が勝手にそれを見越して使い込んでしまったり、

請求人ご本人のキャッシュカードを使って、振り込まれてすぐに使い切ってしまったり。

で、当然に当事務所の報酬分もなくなっているという、、。

努力して多くの年金額を得るために頑張っているのって、障害を抱える本人に喜んでもらいたい、楽になってもらいたい、という一心なんですよ、私。

だけど、こういうことになると、なんだかな~って思います。

むしろ障害年金を受給しなかったほうがよかったのではないかとも思ったり。

社労士としては、障害年金を受給した後、それがどうなったのか、何に使われたのかは関与する余地はありません。

正当な等級で正当な受給権発生日で認定されれば、社労士の業務はそれで終わるし、それ以上でも以下でもありません。

だけど、なんだか報われない気持ちって、こうことなんですよね。。

障害年金が大好きなのに、結果を出すことで不幸になる人がいるって、いったいどうしたらいいんだろう。

今度は更新(障害状態確認届)での不正請求のご相談

障害年金を不正にもらおうというご相談は、未だに後を絶ちません。

つい最近は、更新(障害状態確認届)で上位等級にするための依頼でした。

まず症状が上位等級に該当しているかどうかはそっちのけで、

「1級にするには、診断書をどう書いてもらえばいいですか?」

「とにかくどうしても1級に該当する方法を知りたい。」

「1級にするために、追加の病名(実態はない)を主治医に書いてもらうことにしました。」

等々、1級に認定されるための方法を聞きたいようなのです。

これって、はっきり言って障害年金の不正請求ですよ。

誤解がないようにご説明すると、その方の障害状態が悪化して、その程度が1級相当であると確認できれば、もちろんその方が受給する正当な等級であるので、1級を目指して対策を取ります。

しかし、「とにかく1級を、、」という依頼を受けることはできません。

またこの方は障害年金にまつわる間違った情報を鵜呑みにされていらして、病名を多くしたり、入院した事実がないにも関わらず診断書上には入院したことにする等、あり得ないことを考えられていました。

障害年金は、真実をそのままに、誠実に、素直に請求をしていけば、きちんと正当な等級で認定されます。

私の事務所では良い決定内容が多いですが、真実を曲げることなく、正々堂々と請求をし、都合が悪いことを隠すことなく、気持ちよく受給決定を出すことをポリシーとしています。

よく、日本年金機構や厚生労働省を「障害年金の敵」と捉える人や社労士がいるけれど、私はある意味味方だと思いながら請求をしていますし、決定内容を見ても「本当にありがたいな~」と思うことのほうが多いです。

そのほうが仕事をしていても楽しいですしね。

お客様との最期のお別れ

障害年金の請求代理という仕事をしていると、受任中にお客様が天国に旅立たれるということがあります。

私との関係は「障害年金の請求代理」という短期間の関係ではあるのですが、その数か月間はお会いしたり、電話したり、メールしたりと多くのやり取りがあり、通常の社労士業務として割り切るにはあまりにも密な関係になっていることがほとんどです。

今回のお客様の場合は、全く予期せぬ出来事でしたので、私としても信じられませんでした。

今でもまだ現実のことと思えません。

ご家族の今後のこともあり、社労士として、障害年金受給という同じ目標を持って走ってきた者として、お客様との最期のお別れをさせていただきました。

お客様のお住まいの地域から私の事務所まではそんなに遠くない距離だと思っていたけれど、

改めてその道のりを辿ってみると、思っていたよりも遠く、長く、ご面談に来てくださった時はとても大変だったのではないかと、電車の中でいろいろなことを考えていました。

本当はお客様ご本人に嬉しいご報告を届けたかったのに、それも叶いませんでした。

それでも、きっと何かのご縁だったのだと思いますし、今はそのご縁に感謝しています。

心からご冥福をお祈りいたします。

 

障害の状態は悪化したのに、初めての更新で支給停止に!

2年以上前に高次脳機能障害の請求代理をし、4つの病院で診断書を書いてもらったりと、苦労してなんとか受給できたお客様です。

審査中には、障害認定日と請求日の間の診断書とカルテの写しの提出も求められ、審査に約半年かかりました。

今年が初めての更新(障害状態確認届)。

当事務所では、受給決定した際にはお客様に、

★障害年金は受給決定がゴールではなく、あくまでもスタートであること

★更新の時も絶対に油断は禁物なこと

★病院や主治医が変わったり、症状や日常生活や就労状況等が変わったらしっかりと対策が必要なこと

★永遠にもらい続けることはできないかもしれないことetc…

をくどい位にお伝えし、個別に注意が必要な方にはそれもしっかりとご説明しています。

でもね、、受給決定された時点で、私の話は右から左に流されてしまうことも多かったりするんです。

「そんなこと言ったって、受給決定よりも更新なんてちょろいもんでしょ!」って思われる方のなんと多いこと。

今回支給停止になったお客様にも、受給決定後にしつこい程に気を付けていただくことをお話していました。

実はその時から、嫌な予感がしていたのです。

受給決定後に症状が変わらなくても定期的に受診していただくこと、理由もなく病院を変えないほうがいいこと、主治医が変わったら更新月の3か月前位には対策をすることをお願いしておきました。

しかし、全く病院には行っておらず、さらに病院も変わっており、症状は以前よりもむしろ悪化しているにも関わらず診断書には全く反映されていなかったようです。

当事務所では毎月受給決定した方が増える一方なので、全ての方の更新を見守ることはできません。

障害年金が更新で支給停止になってしまったら、不服申立てをするか支給停止事由消滅届の手続きをするか、その両方をするかしなければなりません。

仮に支給停止が解除されても、数ヶ月から1年以上は障害年金は止まったままになります。

障害年金をもらい始めたら常に更新を意識して、くれぐれもいきなり支給停止にならないようご注意ください。

 

一般の方が書いた病歴・就労状況等申立書を読んで頭を抱えました

先日、発達障害で障害年金の請求準備をされている方とご面談をし、ご本人が仕上げた病歴・就労状況等申立書を見せていただきました。

面談中だったので、じっくり隅々まで読む時間はありませんでしたが、ざっと読んだだけでも、

「えっ、これをわざわざ書くの??」

「これを書いたら、私はこの病気で全く困っていませんよ!と言っているのと同じでしょ!」

「仕事ができないのは障害のせいではなく、別の理由だとアピールするつもり??」

というように、突っ込みどころ満載で、改めて申立書の書き方についてわからない方が多いのだなと実感しました。

私の事務所では、ご本人もしくはご家族が仕上げた申立書を拝見することが多いのですが、皆さんがおっしゃるのは、

「区役所や年金事務所で書き方を教えてもらった」

ということなのです。

そうなんですよ!!

私が見て、心の声でツッコミを入れた申立書も、形式上は間違ってはいないのです。

だから、提出をすれば必ず受け付けてもらえます。

たぶん、そこが盲点であり、難しいところだと思っています。

障害年金をもらいたくて区役所や年金事務所で方法を教えてもらって、言われた通りに診断書を用意し、申立書を書いて提出をしたら、「障害年金が受給できる方法を教えてもらったのだ」と勘違いしませんか?

行政機関で教えてくれるのは、「あくまでも、窓口で受付できる書類を作る方法」です。

決して、「障害年金が受給できる方法」ではありません。

もちろん、障害認定基準がはっきりしている視力の障害や下肢切断のようなものであれば、「窓口で受付られる」=「受給できる」ことも多いです。

よく、障害年金は診断書でほとんど決まると言われることもありますが、これもYESでありNOなのです。

診断書の内容が等級の境目ギリギリだったり、不支給ギリギリだったりする場合には、申立書の内容で上位等級になったり受給決定されたりすることが実務ではとても多いです。

診断書がギリギリではなかったとしても、障害年金の請求で提出する書類は全てにおいて手抜かりなく完璧なほうが、後々の再認定(更新)にも有利に働きます。

ご自身で障害年金の準備をされる方は、申立書は絶対に侮ってはいけませんよ!

というわけで、今度「カメリア直伝!病歴・就労状況等申立書の書き方講座」なんてやってみようかな~と思ってしまいました。。

完璧かつ感動的な診断書に、主治医の愛が垣間見えました

日々様々な診断書を見ていると、診断書の中に多くのメッセージが隠されていることがわかります。

私の事務所でも、たまに「この主治医はこの患者さんのことを良く思っていないのだな。。」という診断書が出来上がることがあり、悲しくなることも。

しかし、ほとんどの場合は私の思いを汲んでくださり、しっかりと患者さんの病状や障害の程度が反映され、完璧に近い診断書が出来上がることが多いです。

今日出来上がった診断書を見た時、主治医の患者さんへの優しさや愛情が溢れていて、心が揺さぶられ、

さらに医学的にわかりやすく詳細な記載も完璧で、しばらくぼーっとしてしまいました。

とても多忙なドクターにも関わらず、たったの2週間足らずでこの診断書を仕上げてくださったことにも感謝の気持ちでいっぱいになりました。

このお客様の依頼を受けた時、診断書をどう書いていただけるかが一番の山場であり、慎重に進めていった部分でした。

だからこそ、こんなにも素晴らしい診断書を書いてくださり、順調に進めることができて、嬉しさと感慨深い気持ちとまだまだ頑張るぞという気持ちで、自分でも不思議な感覚でした。

障害年金の業務って、ただ淡々とこなしているように見えますよね。

実は全く正反対です。(たぶん、私の場合は、、ですが。)

嬉しくて飛び上りたくなったり、叫びたくなったり、

にんまり笑いをこらえたり、

ドキドキして心臓が飛び出しそうになったり、

試験の結果発表を待っている気分のようだったり、

落ち込んだり、腹が立ったり、涙が出たり etc…

人との関わりを大事にしないと良い結果が出ない仕事だから、実は泥臭い業務だったりします。

だからこそ、「もっともっと」を追求したくなるのですね。

 

 

【右視床出血】障害認定日の特例で障害厚生年金1級決定!

受給決定はわかっていたのですが、具体的な決定の内容がわからなかったお客様です。

やっと決定内容を確認することができ、障害認定日の特例で認定され、障害厚生年金1級の受給決定でした。

今年の春にご面談し、脳出血の後遺症からは2級は確実だろうと思いました。

診断書の修正を何度かお願いし、2級は確実、もしかしたら1級で認定されるかもしれないと思うような内容の診断書が出来上がりました。

ご依頼から決定まで5か月かからず、さらには障害厚生年金1級で、これ以上ないという決定内容だったと思います。

当事務所では脳出血や脳梗塞の肢体の障害で1級の決定がとても多く、

1級の基準としてはよく、「寝たきりの状態です」と説明をする社労士が多いですが、決して寝たきりではない方でも1級で認定されることはあります。

特に、脳出血や脳梗塞の後遺症は人それぞれ異なりますので、下位等級で諦めることなく、しっかりと丁寧に準備することが大切だと改めて感じました。

私の短所がお客様のとっては長所となっている、、らしい

障害年金の請求代理の依頼をしたいとのことで、一度ご面談のお約束をしたお客様。

障害の程度を把握できない部分があったため、ご面談の前にじっくりとお電話でお話をすることにしました。

メールだけよりも、実際に会話をしてみたほうが、より障害の程度がわかりやすいからです。

長時間に渡りお電話でお話をしてみたところ、今の状態では障害年金が受給できる可能性は極めて少ないと感じました。

しかし、今はまだご自身で認識できていない障害や症状もあるかもしれないので、

今後仕事をしたり日常生活を送ったりしながら、ご自身の「できること」「できないこと」「困っていること」「支障になっていること」「他人から指摘されたこと」等を観察してみてくださいとお願いしました。

決して可能性が「ない」とは言わずに、やはり障害の状態が確認できればいつでも障害年金の請求を考えられるともお伝えし、諦める必要はないこともお話しました。

障害年金は焦って請求しないほうがいいし、可能性が高まった時にしっかりと準備して、受給できる書類を揃えていくことのほうが重要だからです。

さらには、ご自身で病識を持つことがとても大切だし、病識を持つことができればそれを主治医に伝えたり書面に表したりすることは簡単です。

このお客様に、「今は障害年金の請求をおすすめできない」と言うことは、決してこの方にとって聞きたい言葉ではなかったと思います。

もしかしたら、「この社労士は、自分のことを何もわかってくれていない」とも思われてしまうかもしれないと思いました。

しかし、私は障害年金を考えている方には、不利なことはして欲しくないし、私の本音を聞いて欲しいといつも思うのです。

それで他の社労士のところに行かれるのであれば、それはそれで仕方がないと思います。

たくさんお話をして、電話を切ろうと思ったその時、お客様が

「あの、、ちょっと言っておきたいことがあるんですけど、、。」と切り出しました。

内心、何か文句を言われるのでは、、と思ってちょっと落ち込みそうになった私。

しかし、そのお客様は、

「ここまで丁寧に、わかりやすい言葉で、しっかりと話をしてくれる社労士がいるなんて驚きました。

自分は長々話されると内容が理解できないことがあるけれど、先生の話は全部理解することができて、障害者のことを考えてくれていると感じました。」

とおっしゃってくださいました。

まさか無料相談でこんなにお褒めくださるとは思ってもみなかったので、咄嗟に照れてしまいましたが、やはり本当に嬉しかったです。

実は、先日ご面談をした発達障害のお客様からも、

「他人の話を理解することが大変だけど、石塚さんの話はゆっくりなので全部理解できます。」

と言われました。

私、お客様に話す時だけゆっくりと話しているわけではないのです。。

どんなに早く話そうとしても、どうしてもゆっくりになってしまうのです。。

これがコンプレックスだったりもするのですが、お客様にとってはこれが役立っているそうなのです。

「いかにも優秀な社労士」といった感じに、さばさばきびきび話せたらいいのにな~と思うこともありますが、お客様が喜んでくださるのであれば、このままでもいいかも、、なんて思ったりしました。

まさに、短所と長所は表裏一体ですね。