私の強み~障害年金受給後のお客様とのつながり

朝いつも通りに電話に出たら、ちょっと緊張したお声の方からで、

「以前、先生にお世話になった者なのですが、、。」と私の反応をうかがっているような様子でした。

名前をお聞きして、

「あ、〇〇さん?〇〇の病気で、〇〇の病院に行っている〇〇さんですよね?」とすぐに答えました。

すると、とっても安心したお声で、

「え、そこまで覚えてくれているんですか??」とびっくりされていました。

私、基本的に、今まで受任した方のお名前と顔と障害の内容は一致していますし、それ以外の家族構成や仕事や様々なことまで瞬時に思い出せます。

それでお電話のお客様はホッとしたように、障害年金を受給して数年後の状況や今の相談事を話してくださいました。

そして更新はまだまだ先なのですが、「更新の時はお金がかかったとしても、絶対に先生にお願いしたいです!」とおっしゃってくださいました。

ついこの前までやり取りをしていたかのように、スムーズにお話ができたので、とっても喜んでくださるお顔が目に浮かびました。

障害の状態は相変わらずのようでしたが、お仕事を始めることになったり、ただただ明るく過ごされていることがわかり、私も嬉しかったです。

障害年金を受給される方は、障害年金の受給権を得ることがゴールだと思われていることがとても多いです。

しかし、社労士としては受給権を得てからが本格的なスタートだと思っています。

障害年金をもらい始めて、数年後数十年後にも同じ状況だとは考えにくいですし、ご両親が高齢になったり、家族構成や経済状況が変わったり、何よりもご自身の目標や目的が変わったりするのは普通です。

さらに、障害年金の法律や基準が数年ごとに変わることを考えると、障害年金を受給している方にこそ社労士は「いざという時の転ばぬ先の杖」になるのです。

障害年金をもらっている時に何か困ったり疑問に思ったりして、いちいちどこに聞いたらいいのかとか、年金事務所に相談に行かないとならないかとか、インターネットで調べた内容は正しいのかとか、迷ってしまうことは必ずあります。

そんな時、数年ぶりに連絡をして、

「あ、〇〇さん!覚えていますよ!」と、社労士に名前を伝えるだけで全ての情報を共有してくれるということは、障害年金受給者にとっては何よりも心強いと思うのです。

これは、人と接する仕事をしてきた私ならではの特技だと自信を持っています。

受任した時に、お客様のことを知ろうとし、丁寧にヒアリングすることを怠らなければ、結果的に障害年金の結果が良くなるし、それだけ深く記憶することにもなります。

心から安心できる「かかりつけ社労士」は、カメリア社会保険労務士事務所ならではの強みです。

障害年金における社労士の役割とは

社会保険労務士法第二条には、社会保険労務士がする仕事が挙げられております。

その中で、障害年金を専門としている社労士が主に該当して行っているものは、

第二条一の三「労働社会保険諸法令に基づく申請、届出、報告、審査請求、再審査請求その他の事項について、又は当該申請等に係る行政機関等の調査若しくは処分に関し当該行政機関等に対してする主張若しくは陳述について、代理すること。」

という条文に基づいております。

簡単に説明すると、社会保険の一つである障害年金についての仕事ができるのは社会保険労務士であり、仕事ができるということはその専門家として認められているということです。

先日、当事務所の中でも特に困難だと思える案件を受任しましたが、理由がありその案件から降りる決断をしました。

大まかに書くと、

・初診日の証明が困難である

・通常初診日とする初診日には保険料納付要件が満たせず、やむなく20歳前傷病を主張しなければならない

・労働の支障よりも、日常生活の支障のほうがはるかに大きい

・現在就労しており、普通の方の2倍程度の高額な給与を得ている

というように、障害基礎年金2級を認めてもらうにはとても難しい案件です。

しかし、当事務所では慎重に検討し、道筋を立て、切り札があると確信したため受任を決めました。

もちろん、受給の可能性があると判断したからです。

依頼人から「どうしても受任して欲しい」という強い希望も、大きな理由になっています。

実際に業務を進めていくと、依頼人が社労士に求めていることが曖昧になり、私自身も疑問を抱くようになりました。

診断書が出来上がった時点で、私は依頼人の障害状態を正しく診断書に反映されていると思えず、さらに2級に認定されるには厳しい内容だったので、それを依頼人に伝え、その後の策を考えるつもりでいました。

依頼人の反応は、

「主治医も臨床心理士も、これで2級は確実だと言っているから」

「依頼した社労士は、本当に心配性だね(失笑)と主治医が言っていた」

「日常生活能力の程度と判定の集計をして、2級になっていると言われているから」

と、主治医や臨床心理士の言葉を鵜呑みにされ、心酔しきっているようでした。

代理人としては無理強いはできませんが、正しい判断を伝えなければならず、

「障害年金の専門家って、誰だと思いますか?」と聞いてみたところ、

「誰なんですか?わかりません。」とのこと。

「では、社労士に何を求めているのですか?」と聞いたところ、

「ただの代行でしょ。」とのこと。(唖然、、。)

そもそもが、社労士が障害年金の専門家であるということも理解せず、ただ面倒だから書類を書いてくれる人(代行業者)だと思っていたそうです。

それまでも「??」という言動が多々ありましたが、これで妙に納得してしまいました。

(受任前に気付くべき、、と反省しきりです。)

これではこの困難な案件に最高の結果を出すということはできませんし、適当な診断書を提出することは依頼人のデメリットにもなるため、代理人として降りることにしたのです。

障害年金の請求において最も大切で欠かせないのは、依頼人と社労士の信頼関係です。

それがあれば、私は最大限の努力をすることができるし、お互いが納得して、笑顔で決定内容に満足できると思っています。

お客様からのお手紙を整理していて

日曜日ですが、ホームページリニューアルのために、今までにいただいたお客様からのお礼のお手紙や事例の整理などをしております。

何年も前に障害年金の請求代理をさせていただいた方々のお手紙を久しぶりに読み、とても感慨深く、胸が詰まる気持ちで、度々手が止まって困ります。

私は1件1件の案件を流れ作業のようにしていないので、お手紙を読むとその時の大変さだったり、一致団結してお客様と頑張ったこととか、受給決定が出た時の喜びだったりが鮮明に蘇るのです。

そして、「あれから〇年経つけれど、今はどうされていらっしゃるのかしら」と、祈るような気持ちになります。

私の事務所では、ほとんどのお客様とご面談をし、特に密なやり取りをしているので記憶にも残りやすく、これに関してはどこの事務所にも負けないと思っている部分です。

人の記憶って、やはり限度があり、五感を使った記憶というのは意識しなくても忘れにくいのです。

五感を使った記憶というのは、まさに面談したり直接話したりを繰り返すことで、「目で見て」「耳で聞いて」という生の人間を感じるということです。

特に精神疾患の方に関しては、障害の微妙な部分を第三者が把握し理解することが難しく、些細なことでも逃さずに、いったんは私が吸収して咀嚼し、その後の診断書依頼や書類作成に生かしたいと常に思っています。

些細なことを逃さないように聞き取るには、10人いたら10通りの聞き方が必要だと思っていて、全ての方に対して同じということはありません。

私は社労士試験に合格する前は、高級宝飾のブランドで接客業をしていたのですが、その時に自分に課していたことがあります。

それは、全てのお客様への声掛けの言葉をそれぞれ違えるということです。

接客業は単調になりがちで、お客様への声掛けは、

「よろしければご試着くださいませ。」

「こちら新作になっております。」

のような言葉を全員のお客様に掛けてしまいがちです。

それを、それぞれのお客様の希望や要望を短時間で察知できるように観察し、心に届くような言葉で声掛けをするように、自分でルール作りをしました。

最初はすぐに言葉なんて思いつきませんので、暇な時に様々なセリフを考えてそれをメモし、その中からその都度お客様に合いそうな言葉を使ってみました。

それを繰り返していたら、自然に自分の言葉で声掛けができるようになり、売上に繋がることが多くなりました。

宝飾を買うお客様も、障害年金の請求代理を社労士に依頼するお客様も、自分のことを理解して欲しいという気持ちは変わらないと思うのです。

一人として同じ人間はいないですし、だからこそ自分という人間を理解してもらえたら嬉しいはずです。

未だにこんなことを考えながら社労士をしている私なので、一度に多数の受任はできず、そういう意味では不器用だと思います。

しかし、やっぱり今後もお一人お一人を理解する時間や労力はしっかりとかけて、理解者の一人として障害年金請求の代理をしていきたいと、お客様のお手紙を読みながら強く感じました。

他の社労士に断られた方からのご相談が多過ぎます。。

東京は今日から梅雨入りのようで、今も強い雨が降っています。

久しぶりのどんよりしたお天気で、ブラームスを聴きながら絶望的な気分を味わいつつ、書類を作成したりしています。

雨は好きではありませんが、こういう日はなぜか集中力も高まり、じっくりと仕事するにはもってこいです。(たまにだからこう思えるのでしょうね。。)

さて、今に始まったことではありませんが、当事務所に来るご相談の中で、「他の社労士から断られた」「他の社労士は受給できないと言っていた」という内容が多いこと多いこと。

どこの社労士かを聞いてみることもありますが、超ベテランや成功率100%を自負している事務所だったりして、「こういう案件を断っていたら、そりゃ成功率も上がるわ」と妙に納得したりしています。

一番多いのは、何と言っても「働いている」「働いていた」から障害年金はもらえないという内容です。

あとは、障害基礎年金のほうが障害厚生年金よりも認定されやすいとか、おかしな理由もありました。

これって、ざっくり過ぎませんか?

障害基礎年金のほうが認定されやすいなんてあってはならないし、そんなことはありません。

詳しく説明をするなら、障害厚生年金には3級があり、障害基礎年金には3級がありませんから、例えば障害の程度が2級と3級の中間程度の場合には、3級程度と認定されてしまえば障害基礎年金は不支給となります。

このような場合に、同程度の障害の状態に関わらず、障害厚生年金の請求では3級認定、障害基礎年金の請求では2級認定となったりすることがしばしばあることは確かです。

ただ、明らかに2級という方に関しては、障害基礎年金のほうが認定されやすいというようなことは基本的にありませんし、私の事務所でも正当な決定が出ています。

でも、相談者からしたら、「障害基礎年金のほうが認定されやすいですよ」なんて社労士がアドバイスしたら混乱しませんか?

あと、休職中にお給料が出ているので障害年金がもらえないと社労士から言われたということも聞き、驚きました。

休職中なのであれば働けていないのは確実ですし、お給料が出ていようが出ていまいが、関係はありません。

本当に休職していたのかどうかを客観的に証明する必要はありますが、それは多くの場合証明できるはずです。

毎日のようにこのようなご相談があるので、私としては他の社労士の対応を知ることができてある意味面白いのですが、できることならこんな無駄な遠回りはしないで欲しいし、振り回されないで欲しいのです。

最初っからカメリアに相談してくれたら、時間も労力も無駄にしないのにな~なんて思いますが、だからこそカメリアの価値を見出していただけるのだとポジティブに考えています。

優秀なドクターほど診断書作成が早いと感じる件

障害年金の診断書作成を主治医に依頼していて、特に最近思うことがありました。

ほぼ同時期に診断書を依頼したお客様が複数名いらっしゃるのですが、その対応や出来上がりの期間が見事に異なり、障害年金の請求というのは一筋縄ではいかないな、、ということ。

整形外科や脳神経外科、産婦人科、精神科etc…診療科によっても、ドクターの地位や病院の規模によっても、忙しさは変わりますし、当然に診断書の作成期間というのは変わってきます。

今回は精神の障害の診断書を同時期に依頼したので、診療科の違いはありません。

例えば、お一人の方は、主治医が障害者手帳の診断書作成すら拒否され、「あなたの症状では軽すぎるし、入院もしていないのだから障害年金なんてもらえません」と言われ、困り果てて当事務所にいらっしゃった方です。

障害者手帳の取得に対しても協力をいただけないので、当然に最初は障害年金の診断書作成は断られました。

しかし、なぜこの方が障害年金を受給できる可能性があるのかということ等を主治医にご説明し、なんとか診断書を書いていただきたいとお伝えしたところ、なんとその場で障害年金がもらえる程度の完璧な診断書を書いてくださいました。

私はドクターに診断書を依頼する際に常に心がけていることがあるのですが、それは「あくまでも障害年金受給ありき」で診断書を依頼するのではないということです。

ドクターは、症状が軽いにも関わらず、それをあえて重く書くように強要されるのではないかと思われている時があります。

今回も、ドクターとじっくりとお話をしたところ、以前に障害年金の診断書作成を依頼した社労士が、

「ここのチェックをもっと重く書いてくれないと困る!」

「もっと重く書いてくれないと、障害年金がもらえないので困る!」

と、とにかく強引に診断書を書くように強要したため、障害年金に拒否反応があったとのことでした。

私が「強要しない社労士」だとわかってくださってからは、穏やかな表情で患者さんの症状のお話されながら、診断書をさくさくと書いてくださいました。

また、もう一人の方は、メディアにも頻繁に取り上げられている超有名な主治医の診察を受けている方で、過去の病名が障害年金対象外である病名のため、しっかりと対策をしないと受給できないという問題がある方です。

1分1秒も無駄にできないとにかくお忙しいドクターだったのですが、診断書以外に私が提案した意見書にも快く意見を書いてくださり、終始笑顔で話しやすい状況を作ってくださいました。

診断書はきっちり1週間で仕上げていただいたので、「こんなにお忙しいドクターなのに。。」と感動したものです。

もちろん、素晴らしいドクターであってもたまたまご多忙で診断書の作成が遅れるということはあると思います。

しかし、ご多忙だからこそ他の患者さんからも様々な診断書を依頼されることが多いわけで、1枚の診断書は早く書き終えるのかなと思ったりします。

ただ、その反面、こちらが誠意を尽くしても上記のドクターのように診断書作成に協力的でないこともあり、約束すら守ってもらえないこともあります。

障害年金の請求代理をしていく中で、社労士としてはなるべくドクターの負担を軽減できるよう考えながら、良い関係を築いていくことが障害年金をもらう方のためにもなると思いながら仕事をしています。

発達障害での障害年金請求代理の依頼を一時中止いたします

ホームページでもご案内させていただきましたが、当事務所では発達障害の方からの障害年金請求代理の依頼が多く、対応できない状態です。

この前再開させていただいたばかりですが、発達障害の依頼はしばらくの間お受けできません。

また依頼を受けられる状態になりましたら、改めてご案内させていただきます。

申し訳ございませんが、ご理解いただけると幸いです。

医師が障害年金の診断書作成を拒否した場合

障害年金の請求をしようと思い、いざ障害年金の診断書作成を主治医に依頼したら、

「診断書は書かない」、「今は書かないけれど、症状が安定したら書く」等と言われて診断書を書いてくれないということは度々あります。

当事務所にご相談いただく段階でも、「自分で主治医に診断書をお願いしてみたら、絶対に書かないと言われた」「書いても障害年金はもらえないから書かないと言われた」という相談は意外と多いです。

その場合でも私はあまり動じないので、受任して障害年金の請求準備を進めていくと、すんなり主治医が診断書を書いてくれるということがほとんどです。

しかし、どうしても主治医が診断書を書いてくれない場合はどうしたらよいのでしょうか。

医師法19条2項に、「診察若しくは検案をし、又は出産に立ち会った医師は、診断書若しくは検案書又は出生証明書若しくは死産証明の交付の求があった場合には、正当の事由がなければ、これを拒んではならない」とあります。

このように、正当な理由がなければ医師は診断書の作成を拒否することはできないのです。

正当な理由としてあげられるのは、以下のような場合です。

①患者さんに病名を知らせることが好ましくない時

②診断書が恐喝や詐欺など不正使用される恐れがある時

③雇用者や家族など第三者が請求してきた時

④医学判断が不可能な時

 

上記の理由からすると、障害年金の請求をするために診断書を依頼する場合、そもそもご本人が病名を認識して、病識を持っているからこそ診断書を依頼しているので、①は排除できます。

そして、提出するのは日本年金機構ですので、恐喝や詐欺に使用するのでもありませんから②も排除できます。

また、障害年金は本人が請求するものであり、当然に本人から医師に診断書を依頼するので③も排除できます。

ちなみに、ご家族や社会保険労務士が本人の代わりに診断書を依頼するにしても、必ず本人から委任状をもらって行います。

そうすると、特に障害年金の請求で医師に診断書の作成依頼をした場合、正当な理由に当たることは極めて稀ですから、診断書を書かないということは認められません。

私が業務をしていて、診断書を依頼した医師から

「この人の障害は軽いから、障害年金がもらえないので診断書は書かない」と言われたことが何度かあります。

しかし、障害年金が受給できる障害の程度であるかどうかを医師が判断するわけではなく、それを判断し審査するのは厚生労働大臣(実務は日本年金機構)です。

だから、「障害の程度が軽い」との理由も、診断書の作成を拒否する正当な理由にはなりません。

とは言っても、主治医に診断書は書かないと言われて、すぐに「医師法19条2項違反なので、診断書は拒否できませんよ!」なんて言ったら、医師側も気分を害するだけですし、仮に無理矢理診断書を書いてもらっても、障害年金の請求で提出できるような診断書がしっかりと出来上がる可能性は低いでしょう。

私の場合は、医師に診断書の作成を断られた時には、まずは医師がどうして診断書を書きたくないのかを、なるべく角が立たないように教えていただいています。

何か理由があることがほとんどですし、誤解があればそれを解く努力をするとか、なんとか歩み寄って、結果的にはしっかりと患者さんの障害状態を反映した診断書を書いてくださる場合が大半です。

話し合いをしたり、こちら側が譲歩したりしても、全く聞く耳を持っていない場合には、最後の手段として医師法違反を指摘することもやむを得ないのかなと思います。

診断書を書いてくれないということは、障害年金をもらう権利を侵害されることでもあり、本来もらえる年金ももらえないという損害を被る可能性があります。

福祉大学のある教授が、

「お薬は精神安定剤であり、障害年金は生活安定剤である」

とおっしゃっていたのを聞いたことがあり、本当にその通りだなと私も実感しています。

患者さんの病状や障害が少しでも緩和されたり、経済的不安を解消して治療や療養に専念できるように考えてくれるのが、より良い医師だと思っています。

ご自分で障害年金の請求をされる方は、「医師が診断書を書いてくれない」という場面に遭遇するかもしれませんが、そんな時はすぐに諦めることなく、どうしたらよいかを考えてみてください。

障害年金の書類を全て令和対応にしました

今すでに受任していて、障害年金の提出書類をほとんど作り終えているお客様方の書類を、コツコツ地味に「平成」から「令和」へ変更していました。

行政関係の書類は基本的に和暦で記載しますし、ほとんど全ての書類には必ず何かしらの年月日が記載されているので、病歴・就労状況等申立書から請求事由確認書から全部を修正しました。

日本年金機構のホームページを見たら、年金事務所用の委任状等も全て令和対応になっていたので、委任状も契約書も全て令和のものに取り換えました。

やり始めると結構な量になり、改めて元号が変わるということの重みを感じています。

昭和から平成に変わった時、私は学生だったので、特に何か変わったな~という実感はまるでありませんでした。

仕事をしていると、至るところに「令和元年」と何度も書くので、まだ1週間しか経っていないのに、もう令和に馴染んでしまった私です。

ご自分で障害年金の請求準備をされていて、提出直前という方は、「提出日」や「病歴・就労状況等申立書の直近欄の日付」等を見直して、元号を変えるのを忘れないようにしてくださいね。

以下、当事務所からのお願いです。*******

5月に入り、面談や外出が多いため、電話に出られないことが多々あります。

着信を残していただければなるべく折り返しのお電話をいたしますが、お急ぎの方は問い合わせフォームからご連絡をいただけると助かります。

一般就労している発達障害の方からのご相談

当事務所はGWでお休みをいただいておりますが、連休前から発達障害の方からのご相談が何件も続いております。

それも、ほとんどの方が「一般就労もしくは障害者雇用枠での就労」ができている方なのです。

ここまで発達障害のご相談が多いのは、いったいなぜなのでしょう。。と私としてもちょっと疑問です。

私の事務所では、他の病気に比べて発達障害ばかりが多いとか、発達障害だけが良い結果を出しているというわけではないのですが、発達障害の方で就労ができていると、他の事務所では「それじゃ無理!」と断られる確率が高いからなのだと思います。

特に初診日が国民年金や20歳前傷病の障害基礎年金を発達障害で請求しようとしている方は、2級にならないと受給ができませんから、他の社労士は嫌がることが多いのでしょう。

同じ精神の障害として請求をする「うつ病」や「統合失調症」の方が就労できていることと、「発達障害」の方が就労できていることとは、障害年金の請求をする上では大きく違うと私は考えています。

一言で発達障害と言っても、一人一人お話を伺うと、できることできないことや日常生活で困っていることが全く異なることが多いです。

そして、発達障害の方は職場での配慮が適切で、自分の得意なことや楽しく感じることを仕事にできれば、何年も同じ職場でしっかりと働くことができる場合が多いです。

しかし、職場での配慮の歯車がかみ合わなくなったり、人間関係がうまくいかなくなると、途端に就労ができなくなります。

また、周りの配慮があって就労ができていても、日常生活は必ず誰かの助けがなければ成り立たない、非常に危うい状態で過ごしていたりします。

だから、発達障害の方の障害年金請求の場合には、「就労=障害の程度が軽い」と決めつけるのではなく、日常生活の細かいところまで考える必要があるのです。

障害年金の請求を多く扱えば扱うほど、「こうだったら〇級」「こうだったらもらえない」というように定型化しがちです。

そして、社労士としては定型化し、そこに当てはまらなければ受任せず、流れ作業のように受任できる案件を多く扱うほうが効率は良いです。

ただ、それをしたら社労士が報酬をいただいて障害年金の請求代理をする意味は全くないと私は思っています。

むしろ、多くの案件を扱えば扱うほど、既成概念や成功体験はいったん頭から外してリセットし、まっさらな状態で新たにお客様の依頼を受けるということが大事なのではないかと思います。

「このやり方で前はうまくいったのにな~」なんて言い訳をする社労士にはなりたくないのです。

というわけで、平成も明日で終わりですが、カメリア社会保険労務士事務所も新たな気持ちで新時代を迎えたいです。

今月は更新サポートのご依頼が多いです

何年も障害年金の業務をしていると、ついこの前障害年金の請求代理をして受給できたな~と思っていたお客様の更新(障害状態確認届)があっという間に来てしまうことに驚きます。

とは言っても、1年更新の方は少ないので、2~3年があっという間に感じるのです。

特に今月は更新で今の等級を維持できるかが不安という方が多いようで、更新サポートのご依頼が殺到しています。

最初の障害年金請求の時に、更新時もサポートさせていただく約束をしたお客様の書類等はすぐに出せるように準備を整えているので、久しぶりのお電話であってもスムーズにお話ができ、今回の更新時に気を付けるべきことを考えることができるのです。

基本的には更新サポートは、カメリアで最初の障害年金請求を代理させていただいた方のみ依頼を受けており、他の事務所に依頼した方やご自身で請求をした方はお受けしておりません。

しかし、「どうしても更新サポートはカメリアでお願いしたい」とおっしゃる方に関しては、例外的にお受けしております。

(だって、1年以上も前から何度もお願いされていれば、断るわけにはいきませんよね。。)

では、更新サポートって何をしているのでしょう。

まず、前回提出した診断書と全く同じ程度のものを出せばいいというような単純なものではありません。

「更新」というのは正式な言い方ではなく通称であり、正確には再認定です。

再認定という名のとおり、「再度、認定する」ことなんですよね。

ということは、初回の障害年金請求と同じように、障害認定基準に照らし合わせて、今の障害の程度が障害認定基準の等級に該当しているかどうかをしっかりと見て認定されるのです。

例えば精神の診断書の裏面の日常生活能力の判定や程度のチェックだけを見るのではなく、他の欄の記載内容も就労状況も日常生活の援助も全てを総合的に判断します。

ですので、症状や治療内容の変化はもちろんのこと、ご自身の生活スタイルや環境の変化、転院や主治医が変わった等がある方は特に注意が必要です。

障害年金は念には念を入れても無駄なことは何一つありません。

そして、障害年金を専門にしている社労士の役割としては、ただ障害年金の請求代理という手続きをするというよりも、障害年金をこれからもらう方やもらい続ける方の不安を取り除く存在ということが大きいのではないかと思っています。